分譲賃貸マンションのメリットとデメリット

引っ越しする際に物件を探していると、分譲賃貸マンションと言うものを見つけることがあります。
分譲なのに、賃貸という変わった条件ですが、果たしてこの物件はいい物件なのか、悪い物件、どちらなのでしょうか。
端的に言ってしまうと、かなり良質な物件であることが多いです。

●そもそも分譲賃貸マンションとは
そもそも、分譲賃貸マンションはもともとは分譲マンションであった部屋を購入した大家さん、もしくは土地や建物を所有している大家さんが、他の人にその部屋を貸し出している物件のことを指します。
なぜ賃貸にしているか、その事情は次に説明いたしますが、正直そのようなことは借主にとってはどうでもいいことですね。
それよりも、本来は分譲となるはずのマンションに住むことができる、というのがこの分譲賃貸マンションの大きなメリットだと言えるでしょう。

●分譲賃貸マンションの大家さんの種類
・分譲マンションを購入したが住めなくなった
分譲賃貸マンションとして貸し出されているパターンで最も多い大家さんのタイプはこれです。転勤や海外出張などで住むことができなくなり、自分で管理などをすることもできず、また固定資産税をただただ払い続けるのはもったいないということで、賃貸として貸し出しているパターンです。
こちらの場合は家賃が安くなる傾向にありますが、貸主の都合で退去を求められることもあります。

・投資目的で貸し出している
いわゆる不動産投資の一環として、分譲マンションを購入している大家さんです。こちらは、家賃は少し高くなりますが、住みたいだけ住むことのできる契約を結べるので、比較的安心して借りることができるでしょう。

・そもそも、賃貸で貸し出す専用の部屋
分譲マンションの中には、買い手が付くかどうかがはっきりと分からないので、一部の部屋を賃貸として事前に用意しておくこともあります。こちらがそのパターンですね。
また、小さな部屋数の少ない分譲マンションでは、賃貸としても貸し出せるように分譲賃貸マンションにしていることもあります。

・もともとは分譲マンションだったが売れないので……
こちらは、不動産の不況が大きく影響しています。分譲マンションとして全然人気がでなかったので、仕方なく賃貸としている場合です。
こちらだと、ちょっとだけ他の賃貸マンションと比べるとグレードが下がる場合もあります。

●分譲賃貸マンションのメリットとデメリット
では次に、分譲賃貸マンションのメリットとデメリットをみていきましょう。

・分譲賃貸マンションのメリット
メリットは全部で三つあります。
一つは建物のグレードが高いことが多い事です。エントランスやエレベーターが高級であったり、管理人が常駐していたりするので、かなり綺麗で立派なマンションであることが多く、他の賃貸マンションよりも生活し易くなります。
二つ目のメリットは、建物の構造がしっかりとしている事です。
特に防音材を入れていたり、スラブ厚が厚くなっていたりすることが多く、防音性には優れていることが多いです。
騒音や隣や上下の部屋の生活音に悩まされることが少なく、こちらも生活のし易さに直結します。
最後のメリットは、住んでいる住人の質が高いことが多い事です。分譲マンションとして購入している人が多く、周りの人との協調性を重んじていたり、お金に余裕があり、人付き合いも上手な人が多いです。
なお、賃貸として貸し出されている部屋が多いと、このメリットはない場合もあります。

・分譲賃貸マンションのデメリット
デメリットとしては一つだけ、家賃が高めに設定されていることです。ただ、住宅としての質は高いので、ある程度は納得のいく値段となるでしょう。

●分譲賃貸マンションのまとめ
いかがでしょうか。分譲賃貸マンションはかなりグレードの高い部屋を借りることができる可能性が高いです。中には人気が無くて分譲から賃貸へと替えたマンションもあるので、グレードが低い場合もありますが、それらは内覧で回避することはできるでしょう。
もしも、下見をして納得のできる物件であり、家賃も払えそうであれば、非常におすすめの物件だと言えますので、ぜひ借りてみましょう。